*

qrcode.png
http://www.nakasha.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人 
横浜市
 中区社会福祉協議会
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町2番地 
産業貿易センタービル4階
TEL.045-681-6664

FAX.045-641-6078
 
[社会福祉協議会業務時間]
 月~金曜日
 8:45~17:15
(祝日・休日・年末年始を除く)
※業務により異なる場合があります。お問い合わせください。
 
研修室等、福祉保健活動拠点「なかふく」のご利用については「中区福祉保健活動拠点」をご覧ください。
 
 
パ​ス​ポ​ー​ト​セ​ン​タ​ー​の​あ​る​ビ​ル​の​4​階​で​す​
015420
 

③関内地区

 

関内地区の紹介

関内地区の紹介
フォーム
 
中なかいいネ! 馬車道倶楽部 第15弾
2017-02-15

 この倶楽部は、関内地区・地域福祉保健計画推進会議で話し合い、“住民の輪づくり”のために分科会を立ち上げ活動をはじめました。関内地区の人や歴史的な物などを活かし、住民の皆さんが楽しみながら、顔の見える関係づくりができるように考えています。

 平成29年2月15日に行われました第15弾は、「美食のすすめ・日本料理の味と器」をテーマに開催しました。普段お話を聞く機会がない、長年料理職人として携わった経験とこだわりを聞く機会となりました。
 
 
【関内】第40回関内もちつき大会が開催されました!
2016-12-11

 12月11日(日)、今年で40回目を迎える“関内地区もちつき大会”が馬車道の“りそな銀行”前で開催 されました。この関内地区に住んでいる方、たまたまこの馬車道に通りかかった方など多くの方が、つきたてのお餅や豚汁をおいしそうに食べていました。また会場では餅をつく杵にあわせて「ヨイショ」の掛け声が飛びかい、またあちらこちらで笑い声があるなど活気のある楽しいひと時となりました。
 この大会では、将来の担い手を意識し中学生や小学生にも手伝ってもらっています。横浜吉田中学校の生徒は、企画や当日の準備・運営(準備、司会)などを、また本町小学校の子供たちには綿菓子をつくり参加者に振舞ってもらいました。子どもから高齢者まで幅広い世代間交流の賑わいの場にもなりました。

 
【関内】ゾウノマママルシェ~by「まま力の会」&象の鼻テラス~
2016-10-25

10月19日(水)象の鼻テラス(中区海岸通1)で「ゾウノマママルシェ」が開催されました。中区で子育て中のママたちのグループ「まま力(りょく)の会」が中心となって、子ども服のフリーマーケットや、ミシンを使った洋服のリメイクワークショップが行われ、お野菜たっぷりのお弁当やマフィンなどのブースもあり、会場は親子連れで大盛況でした。

かわいい子ども服にはメッセージタグがつけられ、「色とデザインにひかれました♪」「これからの季節にぴったり!」など、ママたちのやさしい「思い」が伝わります。
お友達同士で来た親子も、初めて会った様子の親子も、各ブースを周るうちにいつのまにか会話がはずみ、会場内はあたたかな笑顔に包まれていました。
ママたちの「思い」が大きな力となって、人と人とのつながりが広がっています!
 
中なかいいネ! 関内地区イベントカレンダー(10~12月)ができました

 関内地区社会福祉協議会では、3か月ごとに「関内地区」の福祉・保健に関する活動予定をお知らせしています。ぜひご覧いただき、ご参加ください。

 
健康サロン・メダカの学校(歌が好きな人が集う合唱サークル)開催しました!

 唱歌や童謡、懐かしソングなどをピアノの生伴奏で歌っています。ただ歌うだけでなく参加者同士の語らいも楽しい場ともなっています。

 8月28日(日)は、26名の参加がありました。「はまちゃん」体操の後、"故郷の人々(スワニー河)"、"海"、"月の砂漠"、"高原列車はいく"・・・など、参加している人たちは、昔を懐かしんでいるように歌っていました。

 

 次回10月23日(日) 10時1130分、横浜市青少年育成センター・第一研修室で行います。参加費無料です。

 横浜市青少年育成センター:JR・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩6分程度。

<<社会福祉法人 横浜市中区社会福祉協議会>> 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル4階 TEL:045-681-6664 FAX:045-641-6078