地域に住んでいる一人ひとりが生き生きとして安心して暮らせるまちづくりを目指して 

本会公式twitter始めました!
qrcode.png
http://www.nakasha.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人 
横浜市中区社会福祉協議会
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町2番地 
産業貿易センタービル4F
TEL.045-681-6664
FAX.045-641-6078
[受付時間]
月~土曜日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)
※業務により異なる場合があります。お問い合わせください。
016551
 

埋地地区社協

 

埋地地区の特徴

埋地地区の特徴
 
  埋地ってなんですか?ってよく質問されます。平成25年には中区の中心土地が誕生して340周年を迎えます。地形は現在の京急線日ノ出町駅横に流れている「大岡川」、そしてJR石川町駅沿いに流れる「中村川」南区花の木「日枝町先」で合流しています。この両河川に囲まれた土地を「埋地」と呼びます。かつてこの土地は釣鐘の形をした浅い入海でした。340年前「吉田勘兵衛翁」により埋め立てられ「吉田新田」と称された名残を残し、埋地地区とされています。町名は「観世流謡曲」から「翁・扇・不老・松影・長者」など縁起の良い名をとり町名としております。
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
会長 小島 弘之
 毎年9月15日を中心に「吉田翁」が建立された日枝神社の大祭が開かれ、同じ「埋地」の中区と南区の4地区代表が祭礼委員長となり執行されております。このように埋地地区は隣接する伊勢佐木地区及び南区と様々な行事、学校関係イベントや運動会を共有しています。
 地区社協としては、定例の催事や長寿を祝う催事など様々行っています。中でも「落語サロン」は既に8年を継続し、H27年8月に50回目を迎えました。不老町地域ケアプラザのご支援のもと、一部は共催ですが、参加者は固定の方々以外にも年々増加傾向にあることはうれしく感じています。
 住んでいる方々が今以上に住みやすいと感じられるように、これからも一層の連帯感とパワーで「地域力が高いまち」にしていこうと、町内が連帯して取り組んでおります。
 

埋地地区社協の活動

埋地地区社協の活動
 
埋地落語サロン
 笑う門には福来る!地域の皆さんの交流とお年寄りにはますます“笑うことによって”元気になっていただくため、(偶数月第1土曜日13:00~フロール山田町第一、2F集会所)参加費100円 お土産付で開催しています。
 高座は主に横浜市職員の「落語愛好会」の皆さんにボランティアとして出演いただいていますが、これが玄人はだしで笑えます。また、地元不老町地域ケアプラザが、健康に関する講話や体操なども行いながらリラックスした雰囲気で運営されています。皆様もぜひ一度気軽にお立ち寄りください。
 
炊き出し訓練(餅つき
 埋地地区社協は埋地地区連合自治会他に協力して平成27年2月に旧富士見中学校跡地で炊き出し訓練を兼ねた大規模な餅つき会を開催しました。当日は炊き出しの豚汁が配られ、老若男女餅つきをして、交流し地域の防災を考える機会となりました。富士見中卒業生の姿も見られ小さな同窓会のようでした。今年も開催を予定しています。
 
<<社会福祉法人 横浜市中区社会福祉協議会>> 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル4F TEL:045-681-6664 FAX:045-641-6078