*

qrcode.png
http://www.nakasha.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人 
横浜市
 中区社会福祉協議会
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町2番地 
産業貿易センタービル4F
TEL.045-681-6664

FAX.045-641-6078
 
[社会福祉協議会受付時間]
 月~金曜日
 8:45~17:15
(祝日・年末年始を除く)
※業務により異なる場合があります。お問い合わせください。
 
研修室等、福祉保健活動拠点「なかふく」のご利用については「中区福祉保健活動拠点」をご覧ください。
 
 
パ​ス​ポ​ー​ト​セ​ン​タ​ー​の​あ​る​ビ​ル​の​4​階​で​す​
012987
 

本牧・根岸地区社協

 

本牧・根岸地区の特徴

本牧・根岸地区の特徴
 
 平成18年10月1日より、昔から親しんで呼ばれていた本牧、根岸の名称を用いて「本牧・根岸地区連合町内会」と改称しました。
中区最大の加入世帯数となっていますが、昔は「本牧・間門・根岸」と呼ばれ、東京湾に面し漁業を主とした漁師町で、静かで落着いた住宅街が混在する街並みでした。
地区の各自治会町内会が力を合わせ、住みやすく、「環境にやさしい街づくりをめざして」活動しております。昔は漁業を中心に栄えた地区です。
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
会長 丹羽 博利
 本牧・根岸地区社会福祉協議会の特徴は、社会福祉協議会の意義を理解してもらうため、各自治会・町内会、民生委員・児童委員連絡協議会などの団体会員、地区内の企業などの賛助会員、地域住民の個人会員から会費を徴収していることです。
 事業としては年6回開催される一人暮らし高齢者を対象とした「お楽しみ食事会」、食事前に交通安全教室や防犯教室などの後、民生委員・児童委員手作りの食事を楽しむ、また、年1回の日帰りバス旅行、このほか夏休みには障害児余暇支援事業、秋にはポレポレまつりへの支援などを行っています。
 
事務局長 菊地 義則
 本牧・根岸地区社会福祉協議会は、第5地区社会福祉協議会でスタートし、平成10年4月に本牧根岸地区社会福祉協議会と名称変更し、その後、地区社協は連合町内会単位にあるべきとされ、平成19年4月に会則の名称及び対象範囲を改正、平成20年4月より施行し、現在に至っています。
 当地区社協は理事会を設け、町内会、自治会代表者5人、民生委員児童委員4人、青少年指導員、保健活動推進員、障害者施設代表、2ヶ所の地域ケアプラザから各1人計14人の理事で協議・運営し、各地域ケアプラザの広報紙を利用し、地域住民に広報し、その活動を周知しています。
 

本牧・根岸地区社協の活動

本牧・根岸地区社協の活動
 
おたのしみ食事会
 年6回(4・6・9・11・1・3月)、開催月の第4木曜日に本牧地区センターで一人暮らし高齢者の方を対象に食事会を行っています。食事会前には皆さんで歌ったり、交通安全について学んだりと様々な催しが企画されています。
 お食事は民生委員児童委員の皆さんが毎回メニュー検討をして、季節感たっぷりの彩りになっています。参加している方々の笑顔が印象的です。
 
レクリエーション
 年1回、バス2台で少し遠出をします。高齢者を中心に地域の方々も参加して総勢100名近くになります。ご高齢の方々は1人での遠出の外出はなかなか難しくもあり、好評な行事です。昨年(H24)は川越方面に、今年は千葉方面に行きました。
 
地域の中の活動応援
ポレポレまつりで活躍の民生委員の皆さん
 本牧・根岸地区社協は地区の中の様々な活動を応援しています。 
 ~健康サロン支援~
  ☆本牧地区健康体操教室(第2金曜日13:30~本牧根岸福祉文化センター)
  ☆根岸シニア体操教室(第1月曜日13:30~根岸町自治会館) 
 ~高齢者茶話会支援~
  ☆本牧三之谷茶話会(第2木曜日13:30~本牧三之谷町内会館)
  ☆ふれあい東部(第3日曜日10:00~本牧根岸福祉文化センター)  
 ~障害者支援~
  ☆障害児余暇支援事業への協力(お昼食づくりに協力など)
  ☆ポレポレまつりへの出店協力
<<社会福祉法人 横浜市中区社会福祉協議会>> 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル4F TEL:045-681-6664 FAX:045-641-6078