地域に住んでいる一人ひとりが生き生きとして安心して暮らせるまちづくりを目指して 

本会公式twitter始めました!
qrcode.png
http://www.nakasha.net/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

社会福祉法人 
横浜市中区社会福祉協議会
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町2番地 
産業貿易センタービル4F
TEL.045-681-6664
FAX.045-641-6078
[受付時間]
月~土曜日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)
※業務により異なる場合があります。お問い合わせください。
016551
 

福祉教育

   
「福祉教育」とは、学校に限らず企業や一般市民も含め、幅広く社会福祉について学習することです。区社協では、福祉施設や当事者団体、ボランティアグループや地域の方等たくさんの方々のご協力のもと、福祉学習の企画・調整、講師ご紹介を行なっております。充実した学習・体験につながるようお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。
 
 
福祉の学習をしたいけど、どうすればいい?
 まずはお気軽にご相談下さい。ご相談いただく際には、講師との調整や打合せが必要になりますので、実施予定日の2~3ヶ月前を目安にご相談下さい。
 何を目標にするのか、何を伝えたいのか、参加人数や時間など、まずはイメージをふくらませてみてください。 
 

これだけは注意して!

これだけは注意して!
  突然訪問はしない  福祉施設は、そこを利用する人たちにとっては「生活の場」や「仕事の場」です。訪問の前に必ず連絡を入れ、注意することなどを確認しましょう。また、一度に訪問できる人数も確認しましょう。
  直前に講師依頼はしない  当事者やボランティアは、仕事や他の活動をしている方がたくさんいます。講師としてお招きする際には、相手の方の都合に合わせて余裕をもって相談して下さい。
  固定したイメージをもたない  学ぶ方法は色々あります。まずは何を目的にするのかをはっきりとさせ、その為に必要な方法を考えましょう。
  自分の「思い」を優先しない  地域には「福祉」に携わっている人がたくさんいます。よりよい学習のためにも相談し、協力していきましょう。
  「福祉=かわいそうな人たち」という誤ったイメージを持たない  福祉の学習の目的は「共に生きる社会」をつくることです。誤った見方や偏見を植え付けないために、細心の注意が必要です。私たちの誰もが支援し、支援される存在です。
 

学習に必要な機材は借りられるの?

学習に必要な機材は借りられるの?
 
 福祉の体験学習に利用できる各種機材・備品を無料でお貸ししております
 
【貸出期間】
 原則1週間程度(前後の予約状況、貸出内容によりご相談にのります)
 
【貸出方法】
 まずはお電話にてご予約下さい。貸出時に「備品・福祉用具貸出簿」を記入していただきます。
 
【その他】
 ・必ず指導者のもとで、使用してください。使い方を誤ると、
  事故が起こったり、正しい学習につながらないことがあります。
 ・消耗品などについては、各自負担・現状復帰をお願いします。
 ・返却時には、必ず全てそろっているか確認して下さい。
 ・破損・紛失があった場合には、実費にて弁償していただきます。
   
<<社会福祉法人 横浜市中区社会福祉協議会>> 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル4F TEL:045-681-6664 FAX:045-641-6078